「ローン返済」の記事一覧

野生児、その名も「ビンボー学生」

私は2年前、進学を機に東京に住むようになりました。

東京都は言ってもJRの駅まで自転車で30分、アパートの前には澄んだ川が流れている23区外の片田舎。

そして、それと同時に月3万のバイト代でライフラインと食費を賄うビンボー生活が始まりました。

最初のうちはご飯に味噌汁におかず…と質素ながら用意していたのですが、そのうちに物価は上がるわ消費税は上がるわ書籍代や交際費は右肩上がりだわで、食費は週に千円を割り込む状態が続き、毎日銀シャリにスーパーの食材では立ち行かなくなってしまいました。

やむなく覚えた技が「小麦粉をつかいこなす」こと。中力粉(薄力粉よりも安い)を買っておけばうどんやお好み焼きからピタサンドまで幅広く応用が効くこと、さらに言うならすいとんにしてしまえば鍋一つで1食が完結すること(ただし心理的な不満は残りますが)を会得しました。
ローン返済がつらいなら借り換えてみたら?

さらに交通費を浮かせるため、3駅や4駅は地図を調べて自転車で移動するように。

それでも高騰する野菜に手が出せないときは、大学の裏庭か近所の河原に行きました。

ピクニックではなく採集のためです。桑やムクノキ、椎の実、蓬に野蒜などを袋いっぱいに集め、それを料理して食卓にのせていました。

お陰様で料理のレパートリーが増え、野草の下処理もできるようになったのですが、木枯らしの中で草をむしっていてふと我に返ることが。

私、上京してからの方が野生度が上がっているんじゃないかしら…

このページの先頭へ